ブログトップ | ログイン

JOURNAL

atsukou.exblog.jp

カテゴリ:映画( 7 )

映画


b0192216_23564198.gif急に時間が空いたので、ジムジャームッシュの「パターソン」を観てきました。
穏やかな気持ちになれる映画でした。
よかった〜!



b0192216_00141834.gif
by papillon-au | 2017-09-13 00:06 | 映画 | Comments(0)

久しぶりの


b0192216_11022021.gif
久しぶりに映画を観ました。
「20 センチュリー・ウーマン」
地味だけど、心に残る作品でした。


b0192216_11090589.gif

by papillon-au | 2017-07-01 11:10 | 映画

天才。。。


先日、『天才スピヴェット』を3Dで観てきました。

b0192216_1410913.jpg「アメリ」「ミックマック」等のジャン=ピエール・ジュネ監督の作品です。
b0192216_1412230.gif

ジュネ監督のいつもとは少し違ったやさしい映画でした。
後半、ホロッとする場面も何度か・・・



そして、映画館のあるビルの広場でドイツのクリスマスマーケットが開催されていました。

b0192216_14173068.gif仕事が待っているので、ホットワインを横目で見ながら帰ったのでした。。。
by papillon-au | 2014-12-04 14:30 | 映画 | Comments(0)

HA???


b0192216_18342844.gifレディースデーの今日、『FRANCES HA』という映画を観てきました。

よかったです!
27歳で少し老け顔で空回りばかりのフランシスの話です。
その不器用なフランシスと自分を重ねてみたり、あきらめることも大切という場面では胸にグッときたり、、、


b0192216_1837239.gif

不思議なタイトルの『FRANCES HA』は、最後の最後でわかります!笑

デビッド・ボウイ(モダン・ラブ)やジョルジュ・ドルリュー等、音楽もよかった〜。
by papillon-au | 2014-10-08 18:50 | 映画 | Comments(0)

ジャック・タチ

b0192216_13193868.gif
大好きなジャック・タチ。
映画監督であり、俳優。

そのジャック・タチが娘のために遺した脚本をシルヴァン・ショメが、映画化したアニメーション『イリュージョニスト』をみてきました。




b0192216_1340221.gif

昔ながらのマジックを披露する手品師タチシェフ。
かつての人気はなくなり、ドサ回りの日々。
ある日、片田舎のバーで貧しい少女アリスと出会う。
アリスはタチシェフを魔法使いと信じて、彼を追っていく。
やがて2人は、エジンバラで暮らしはじめるが・・・


b0192216_13545018.gif
もちろん主演は、ジャック・タチ。
途中、タチシェフが映画館に入りこむシーンがあるのですが、その時上映されていたのは『ぼくの伯父さん』!

ホロリとする、ちょっと切ないお話でした。
by papillon-au | 2011-04-15 14:05 | 映画 | Comments(0)

プチ・ニコラ


b0192216_15593086.gif今朝、仕事が一段落したので、映画『プチ・ニコラ』を観に行ってきました。

フランス映画で、ルネ・ゴシニ作、ジャン=ジャック・サンペが描く絵本『プチ・ニコラ』の実写映画化です。


舞台は、1960年代のパリ。
母親にもうすぐ赤ちゃんが生まれると信じ込む創造力豊かなニコラは、弟が生まれると森の中に捨てられると思い込み、友達と一緒にとんでもない計画を思いつき、実行するが・・・・・。


(公式サイトhttp://www.petitnicolas.jp/index_pn.html


イタズラ好きの子供たちがとても個性的で可愛かったです!
笑いも(サザエさんぽい!?)いっぱいあって、シアワセな気分になれる映画でした。

オープニングのサンペのイラストが、飛び出す絵本みたいになっていたのもおもしろかったです!

b0192216_16295841.gif                



『プチ・ニコラ』はもっていないのですが、だいぶ前に買った本です。

久しぶりに本を開きました・・・。
by papillon-au | 2010-11-01 17:06 | 映画 | Comments(2)

ミックマック


b0192216_1715452.gif映画『ミックマック』(フランス語でイタズラの意)を観ました!
おもしろかったです!
ずっとニヤニヤ、クスクス。最後のほうは、ずっと笑っていました。

主人公バジルは、発砲事件に巻き込まれ、銃弾を頭の中に残したまま生きていくことになる。仕事も家も失いホームレスになるが、おかしな仲間達と出会い、共同生活を始める。
ある日、30年前に父の命を奪った地雷を製造販売する兵器会社と、自分の頭の中の銃弾を製造
販売する軍事会社を見つける。
バジルは仲間達と報復作戦を始める・・・


(公式サイトhttp://micmacs.jp/

監督はジャン=ピエール・ジュネなので、イタズラあり、笑いありの
ピリッ!と社会風刺の効いた映画でした。

パリの名所もいっぱい出てきました!
by papillon-au | 2010-09-28 18:15 | 映画 | Comments(0)